« 「前進のための提携 」 | トップページ | 開発中の加湿器と不正競争防止法2条1項3号の「商品」該当性(否定)、著作物性(否定) »

2016年12月17日 (土)

成功する結婚の3つのルール

ドラッカーは、買収が成功するために次の6つのルールを指摘している。

1.成功する買収は、財務戦略ではなく、事業戦略に基づかなくてはならない。
2.成功する買収は買収者の買収への貢献に基づかなくてはならない。
3.2つの会社は、市場とマーケティング、技術あるいはコアコンピテンスのような、統一の核を共有しなくてはならない。
4.買収者は、被買収会社の価値と同様、その事業、製品及び顧客を尊重しなくてはならない。
5.買収者は、短期間の間(長くても1年以内)に、被買収事業にトップマネジメントを提供する準備をしなくてはならない。
6.成功する買収は、すみやかに、買収事業の人々と被買収事業の人々の双方の昇進のために、目に見える機会を創造しなくてはならない。

(ソース:The Daily Drucker 11 December.)

このうち、1、2、4は結婚にも妥当する。これを結婚に当てはめてみると、次のようになる。

①経済戦略(=金目的)の結婚は成功しない。
②成功する結婚は(相手方の自分への貢献ではなく)自分の相手方への貢献に基づかなくてはならない。
③相手方(の価値観や仕事等)を尊重しなくてはならない。

相手方の価値観や(仕事に限らないが)やっていることを尊重できるかどうか、(結婚することで)自分が相手がのためにどういう点で貢献できるかを考えてみることは大切だと思う。

|

« 「前進のための提携 」 | トップページ | 開発中の加湿器と不正競争防止法2条1項3号の「商品」該当性(否定)、著作物性(否定) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成功する結婚の3つのルール:

« 「前進のための提携 」 | トップページ | 開発中の加湿器と不正競争防止法2条1項3号の「商品」該当性(否定)、著作物性(否定) »