« 弁護側証人に対する犯人隠匿容疑での捜索差押え・取調べ⇒公判供述の信用性を否定 | トップページ | 「経済連鎖原価計算(Economic-Chain Costing)への障害」 »

2016年12月 5日 (月)

「活動原価計算」

伝統的な原価計算技術は、今日、急速に、活動ベースの原価会計にとってかわられている。伝統的な原価計算は、原価を、人件費、原材料及び間接費と、ボトムアップで積み上げる。それは主に、製造関係原価、いわゆる在庫可能原価に集中する。活動ベースの原価計算は終わりからスタートし、「いかなる活動と関係コストが、コスト目標に関係する活動の完全な価値連鎖(value chain)の実行に用いられるか?」と尋ねる。活動ベースの原価計算は品質とサービスの原価を含む。

設計段階で、品質を製品/サービスに組み込むことで、設計コストは増加するかもしれないが、保証/サービスコストの減少が見込め、連鎖(chain)の着手段階でのコスト増を克服する。そして、伝統的な原価計算と異なり、それは製品/サービスを作り出す全てのコストを含む。

ソース:The Daily Drucker 6 December.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 弁護側証人に対する犯人隠匿容疑での捜索差押え・取調べ⇒公判供述の信用性を否定 | トップページ | 「経済連鎖原価計算(Economic-Chain Costing)への障害」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「活動原価計算」:

« 弁護側証人に対する犯人隠匿容疑での捜索差押え・取調べ⇒公判供述の信用性を否定 | トップページ | 「経済連鎖原価計算(Economic-Chain Costing)への障害」 »