« 「流行と関係ないキルケゴール」 | トップページ | 住民票の不正請求・不正交付と損害賠償請求(肯定) »

2016年12月25日 (日)

「悪魔の復帰」

大衆は、それが世界の合理性の復興を約束するのであれば、自由を捨てる用意がある。自由が平等と両立しなければ、彼らは自由をあきらめる。安全と両立しなければ、安全をとる。自由は悪魔を追い払うことに役立たないため、自由かどうかは二次的な問題となる。「自由な」社会は悪魔に脅かされる社会であるため、自由を非難し自由の放棄による絶望からの回復を期待することは、よりもっともらしく見える。

(注)この一節は戦争と抑圧の悪魔を避けるためにナチを受け入れたヨーロッパに関係する。

ソース:The Daily Drucker 26 December.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「流行と関係ないキルケゴール」 | トップページ | 住民票の不正請求・不正交付と損害賠償請求(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悪魔の復帰」:

« 「流行と関係ないキルケゴール」 | トップページ | 住民票の不正請求・不正交付と損害賠償請求(肯定) »