« 「コミュニケーションの基礎」 | トップページ | 「スタッフ職員のルール」 »

2016年11月26日 (土)

「スタッフ業務のルール」

スタッフ業務は知識の向上のためになされるものではない。その唯一の正当性は仕事をする人々と組織全体のパフォーマンスの向上である。

第1に、スタッフは長年続く主たる重要な仕事に集中すべきである。永遠には続かない主たる重要な仕事、例えば、会社のマネジメントの改革は、1度の課題としてよりよく処理される。スタッフ業務は高い優先順位の少数の仕事に限定されるべきである。スタッフサービスの増殖は、その有効性を奪い取る。悪ければ、結果を生み出す人々である作業者(operating people)の有効性を破壊する。スタッフ業務の数をきちんとコントロールしなければ、スタッフは、作業者の最も希少なリソースである時間を使い尽くす。

有効なスタッフ業務は特定のゴールと目的、明確なターゲットと期限を要請する。「我々は、3年以内に常習的な欠勤を半分にする」や「2年で、我々は市場のセグメンテーションを十分に理解し製品ラインの少なくとも3分の1を減らす」といった目的は生産的なスタッフ業務に役立つ。「従業員の態度を扱う」や「顧客のモチベーションの研究」のようなあいまいなゴールは役に立たない。3年ごとに、全てのスタッフユニットと顔を合わせ「過去3年に会社に真の違いをもたらすどのような貢献をしたか」と尋ねることは重要である。

サポートスタッフを小さく少数にする。スタッフ業務に明確なゴールと期限を設ける。そのゴールは、組織のゴールと直接結びつくようにする。

ソース:The Daily Drucker 27 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「コミュニケーションの基礎」 | トップページ | 「スタッフ職員のルール」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スタッフ業務のルール」:

« 「コミュニケーションの基礎」 | トップページ | 「スタッフ職員のルール」 »