« 「情報の収集と使用」 | トップページ | 退院の際の医師の説明義務違反⇒自己決定権侵害⇒不法行為責任(肯定) »

2016年11月 3日 (木)

「情報のテスト」

情報システムの究極のテストは驚きがないことである。出来事が大事になる前に、エグゼクティブはそれらに合わせ、分析し、理解し、適切な行動をとる。1例は、1990年代の後期に、アジア大陸の崩壊に驚かなかった少数の米国の金融機関である。彼らは、アジアの経済と通貨について「情報」が意味するものを考えた。彼らは、徐々に、これらの国における子会社や関連会社の中からの全ての情報(それらは「データ」にすぎないと認識し始めた)を無視した。その代わりに、彼らは、短期借入と国の支払残高のレイシオや外国短期負債に利用できる資金に関する情報をまとめ始めた。これらのレイシオが好ましくないものとなり、アジア大陸でのパニックを回避できないものとするはるか前に、これらのエグゼクティブはそれが起きると認識した。彼らは、これらの国から撤退するか、長期において残るかを決定しなくてはならないことを認識した。言い換えれば、彼らはいかなる経済データが新興国について意味があるかを理解し、それらをまとめ、分析し、解釈した。彼らは、データを情報に変え、行動が必要となるはるか前にいかなる行動をとるべきかを決断した。

あなたの環境においてカギとなる変数を特定する。驚きを最小限にするために、これらの変数のそれぞれについての情報を持つことを確かにする。

ソース:The Daily Drucker 4 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「情報の収集と使用」 | トップページ | 退院の際の医師の説明義務違反⇒自己決定権侵害⇒不法行為責任(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「情報のテスト」:

« 「情報の収集と使用」 | トップページ | 退院の際の医師の説明義務違反⇒自己決定権侵害⇒不法行為責任(肯定) »