« 建設業者に対する営業等停止処分について、処分の執行停止を認めた事例 | トップページ | 「情報のテスト」 »

2016年11月 2日 (水)

「情報の収集と使用」

会社の戦略を試すため、情報はまとめられなくてはならない。それは、会社の事業の理論についての会社の想定をテストしなくてはならない。これは、①その環境(社会とその構造、市場、顧客、技術)についての会社の想定のテストを含む。環境についての情報は、重大な脅威と機会が生じそうな場面では、ますます切迫したものとなる。そして、②会社の特定のミッションについての想定がある。第3に、③そのミッションの達成のために必要とされる組織のコアコンピテンスについての想定がある。ソフトウェアは、病院、大学、損害保険会社のような特定のグループに合った情報を提供するようデザインされ得る。

会社は、顧客や非顧客についての情報のような、必要とする情報のいくらかを作ることができる。しかし、大企業でさえ、必要な情報を獲得してまとめるのに、外部の専門家の助けを必要とする。ソースは多様でありすぎる。企業が環境について知る必要があるもののほとんどは、外部のソース(あらゆる種類のデータバンクとデータサービス、多くの言語での定期刊行物、同業者団体、政府の刊行物、世界銀行レポート、科学論文、専門的な研究等)からのみ入手できる。

ソース:The Daily Drucker 3 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 建設業者に対する営業等停止処分について、処分の執行停止を認めた事例 | トップページ | 「情報のテスト」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「情報の収集と使用」:

« 建設業者に対する営業等停止処分について、処分の執行停止を認めた事例 | トップページ | 「情報のテスト」 »