« 日本語の翻訳文が添付されていない呼出状等の送達と民訴法118条2号の送達要件(肯定された事案) | トップページ | 詐欺行為に関与した会社やその取締役として登記されたいた者への損害賠償請求 »

2016年11月23日 (水)

「仮想分権化」

ユニットが事業として組み立てられ得る時はいつでも、連邦的な分権化に匹敵するデザイン原則はない。我々は、しかしながら、多くの巨大企業は純粋な事業に分割され得ないことを学んだ。しかし、それらは明らかに、大きさと複雑さの、機能の、そしてチーム構造の限界を超えて成長した。これらは、組織問題への答えとしてますます「仮想分権化」に転換する会社である。仮想分権化は、事業ではないが、最大の可能な自治、自身のマネジメント、そして少なくとも「仮想の」損益責任を伴い、あたかも事業のように構築される、構造的ユニットを形成する。
それらは、お互いに、(外部市場によってではなく)内部的に決定された「移転価格」を使って、売買する。あるいは、彼らの「利益」は、コストの内部的な割当て(それはしばしばコストの20%といった「標準手数料」が加算される)によって、生まれる。

可能であれば「小さな」プロフィットセンターを使うことで内部競争を作る。収入を各ユニットに帰属させ、収入とそのコストを組み合わせる。

ソース:The Daily Drucker 24 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 日本語の翻訳文が添付されていない呼出状等の送達と民訴法118条2号の送達要件(肯定された事案) | トップページ | 詐欺行為に関与した会社やその取締役として登記されたいた者への損害賠償請求 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仮想分権化」:

« 日本語の翻訳文が添付されていない呼出状等の送達と民訴法118条2号の送達要件(肯定された事案) | トップページ | 詐欺行為に関与した会社やその取締役として登記されたいた者への損害賠償請求 »