« 医師による虚偽の診断及び診断録等の開示請求の一部拒絶についての損害賠償請求(肯定) | トップページ | 石綿粉じんばく露について、国賠請求と企業の責任が認められた事例 »

2016年11月15日 (火)

「正しい組織」

1世紀前のマネジメントの先駆者は正しかった:組織構造は必要である。現代の会社は組織を必要とする。しかし、先駆者は、1つの正しい組織がある(べきである)という想定をした点において間違いであった。マネジメントは、正しい組織を探す代わりに、課題に適合する組織を探し、開発し、テストすることを学ぶ必要がある。

いくつかの組織の「原則」がある。
①組織は透明でなくてはならない。人々は、働く組織造を知り理解する必要がある。(●組織の透明性)
②組織の誰かが所定の分野で最終決定をする権限を持たなくてはならない。(●意思決定権限の明確性)
③権限が責任と釣り合うこともまた、健全な原則である。(●権限と責任との均衡)
④組織の誰もが1人だけ「マスター」をもつべきであることも健全な原則である。(●各人が1人だけマスターを持つ)

これらの原則は建築家の仕事におけるものと違わない。それらは、いかなる種類の建物を建てるべきかを言わない。それらは、何が制限かを言う。そして、それは組織構造の多様な原則がすることである。

ソース:The Daily Drucker 16 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 医師による虚偽の診断及び診断録等の開示請求の一部拒絶についての損害賠償請求(肯定) | トップページ | 石綿粉じんばく露について、国賠請求と企業の責任が認められた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「正しい組織」:

« 医師による虚偽の診断及び診断録等の開示請求の一部拒絶についての損害賠償請求(肯定) | トップページ | 石綿粉じんばく露について、国賠請求と企業の責任が認められた事例 »