« 「スタッフ業務のルール」 | トップページ | 「広報の役割」 »

2016年11月27日 (日)

「スタッフ職員のルール」

スタッフ職員のルールはスタッフ業務のルールと同じく重要である。複数のオペレーション業務(複数の機能的分野であることが望ましい)を成功的に経験しない限り、スタッフ業務につかせるべきではない。スタッフ人員にオペレーションの経験がなければ、彼らはオペレーション(それは常に「立案者」には単純に見える)について尊大になる。しかし今日、事業における以上に政府において、ビジネススクールやロースクールを卒業したての若者を、分析者、立案者あるいはスタッフカウンセルとして、かなり上位のスタッフ業務につかせる。彼らの尊大さとオペレーティング組織による彼らの拒否は、彼らを完全に非生産的なものとする。

稀な例外を除いて、スタッフ業務は人の「キャリア」とされるべきではなく、キャリアの一部であるべきである。5年から7年スタッフ業務についた後に、オペレーティング業務に戻るべきであり、約5年はスタッフの仕事に戻るべきではない。さもないと、彼らは、舞台裏での操り人形師、黒幕、キングメーカー、離間を策する者となる。

ソース:The Daily Drucker 28 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「スタッフ業務のルール」 | トップページ | 「広報の役割」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スタッフ職員のルール」:

« 「スタッフ業務のルール」 | トップページ | 「広報の役割」 »