« 詐欺行為に関与した会社やその取締役として登記されたいた者への損害賠償請求 | トップページ | 「コミュニケーションの基礎」 »

2016年11月24日 (木)

「組織のブロックを作る」

どの活動を一緒にし、どの活動を別にするか?貢献の種類により活動を分類する綿密な分析が必要である。貢献によって区別すれば4つの主要な活動グループがある。

第1は、結果を生み出す活動である。それは会社全体の結果とパフォーマンスに直接/間接に関係し得る、測定可能な結果を生み出す活動である。

第2は、サポート活動である。必要で不可欠でありながら、それ自身は、結果を生み出さないが、事業における他の部門がその「アウトプット」を使うことによって、結果がでる。

第3に事業の結果に直接/間接に関係のない活動であり、真に補助的な活動である。衛生的・管理的活動である。

最後に、トップマネジメント活動である。

結果を生み出す活動の中で、直接収益を生み出す(あるいは、サービス機関の場合、直接「患者のケア」や「学習」を生み出す)ものがある。ここに、イノベーション活動、販売、並びに体系的・組織的販売活動に必要な全ての仕事が属する。また、事業に資金を供給し管理する財務機能もまたここに属する。

鍵となる活動はそうでない活動に従属させるべきではない。収益を生み出す活動は収益を生み出さない活動に従属させるべきではない。サポート活動は収益を生み出し結果に貢献する活動と混合すべきではない。

結果を生み出す活動を良く見えるようにしておく。サポート活動は結果を生み出す活動に従属させる。従業員の福祉活動は従業員チームにまかせることを考える。

ソース:The Daily Drucker 25 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 詐欺行為に関与した会社やその取締役として登記されたいた者への損害賠償請求 | トップページ | 「コミュニケーションの基礎」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「組織のブロックを作る」:

« 詐欺行為に関与した会社やその取締役として登記されたいた者への損害賠償請求 | トップページ | 「コミュニケーションの基礎」 »