« 行政事件の取消訴訟で出訴期間を徒過したとされた事例 | トップページ | 妻に対する遺族厚生年金不支給決定が取り消された事例 »

2016年11月20日 (日)

「連邦制の分権化:強さ」

「連邦制の分権化」では、会社は多くの自治的事業に組織化される。各ユニットは自身のパフォーマンスと自身の結果と会社全体への貢献に責任を持つ。各ユニットは自身の「自治的事業」を経営する自身のマネジメントをもつ。

連邦的に組織された構造では、各マネジャーは事業パフォーマンスと事業結果に十分近く、それらにフォーカスできる。連邦制の原則は、巨大で複雑な組織を小さく単純に分割し、マネジャーが、自身の仕事・努力・スキルの囚人となる代わりに、自分が何をしているかを理解し、自らを全体のパフォーマンスに向けることを可能にする。目的と自制(セルフコントロール)によるマネジメントは有効であり、1人のマネジャーの下での人々とユニットの数はもはやコントロールの範囲に制限されない。それは、より広い管理責任の範囲にのみ制限される。連邦制の原則の最大の強みは、しかしながら、マネジャー開発に関するものであり、それ故に、他の原則より使われる。

ソース:The Daily Drucker 21 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 行政事件の取消訴訟で出訴期間を徒過したとされた事例 | トップページ | 妻に対する遺族厚生年金不支給決定が取り消された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「連邦制の分権化:強さ」:

« 行政事件の取消訴訟で出訴期間を徒過したとされた事例 | トップページ | 妻に対する遺族厚生年金不支給決定が取り消された事例 »