« 美容外科における説明義務違反の不法行為(肯定) | トップページ | 「組織の特性」 »

2016年11月17日 (木)

「階層と平等」

感情的な平等主義者がそうであるように、形式的な平等の代わりに従属に基づく故の産業社会への攻撃は、産業と社会の双方の性質の誤解である。人の努力を社会目的に調和させる他の全ての機関と同様に、会社は階層的なラインにより組織されなくてはならない。しかし、ボスから用務員まで、全員がその会社の成功に等しく必要であると見られなくてはならない。同時に、大企業は昇進への平等の機会を提供しなくてはならない。これは、正義への伝統的な要請であり、キリスト教の人の尊厳の概念の結果である。

機会の平等の要請は、報酬の絶対的な平等を求めるものではない。逆に、機会の平等は、自動的に、報酬の不平等を当然のこととする。正義の概念は、報酬が不平等なパフォーマンスと不平等な責任に従って与えられることを意味する。

ソース:The Daily Drucker 18 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 美容外科における説明義務違反の不法行為(肯定) | トップページ | 「組織の特性」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「階層と平等」:

« 美容外科における説明義務違反の不法行為(肯定) | トップページ | 「組織の特性」 »