« 本件特許出願が発明者自身又は発明者から特許を受ける権利を承継した者によりされたことの立証がない⇒特許法123条1項6号及び104条の3第1項に基づき特許権の行使ができない | トップページ | 「長期計画」 »

2016年11月 7日 (月)

「戦略的計画」

伝統的な計画は「何が最も起こりそうか?」を尋ねる。不確実への計画は、かわりに「未来を創るであろう何がすでに起こったか?」を尋ねる。

戦略的計画はごまかしの箱やテクニックの包みではない。それは、分析的思考であり、リソースの行動への投入である。それは、体系的かつその未来の最大の知識をもって現在の企業家的決定を行い、その決定を実行するために必要とされる努力を体系的に組織し、組織化され体系化されたフィードバックを通じて、決定の結果を期待に対して評価する、継続的プロセスである。戦略的意思決定者が直面する質問は、組織が明日何をすべきかではない。それは「不確かな明日に備えるため(我々は)今日何をしなくてはならないか」である。質問は、将来何が起こるかではない。それは「いかなる未来を我々は現在の思考と行動に組み入れなくてはならず、いかなるタイムスパンを我々は考慮しなくてはならず、この情報を今合理的な意思決定をするためにいかに使うか?」である。

ソース:The Daily Drucker 8 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 本件特許出願が発明者自身又は発明者から特許を受ける権利を承継した者によりされたことの立証がない⇒特許法123条1項6号及び104条の3第1項に基づき特許権の行使ができない | トップページ | 「長期計画」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦略的計画」:

« 本件特許出願が発明者自身又は発明者から特許を受ける権利を承継した者によりされたことの立証がない⇒特許法123条1項6号及び104条の3第1項に基づき特許権の行使ができない | トップページ | 「長期計画」 »