« 人身傷害保険金と車両保険金の酒気帯び免責(肯定) | トップページ | 「有効な非営利組織の取締役会」 »

2016年10月29日 (土)

「非営利における資金開発」

非営利機関は資金開発戦略を必要とする。資金の源泉は、非営利部門と事業や政府との、おそらく、最大の違いである。事業はその顧客への販売により資金を得、政府は課税する。非営利機関は寄付者から資金を得なくてはならない。それは、運動への参加を望むが、受益者ではない人々から、資金(少なくともその大部分)を集める。

資金集めの囚人となる非営利機関は深刻な困難にあり、アイデンティティの危機にある。資金集めの戦略の目的は、まさに、非営利機関がミッションを資金集めに従属させることなく、ミッションを実行できるようにすることにある。これは、非営利の人々がその言葉を「資金集め」から「資金開発」に変えた理由である。資金開発は、その価値故に、組織をサポートする支持者の創造である。それは、与えることを通じて参加する会員の開拓である。

ソース:The Daily Drucker 30 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 人身傷害保険金と車両保険金の酒気帯び免責(肯定) | トップページ | 「有効な非営利組織の取締役会」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「非営利における資金開発」:

« 人身傷害保険金と車両保険金の酒気帯び免責(肯定) | トップページ | 「有効な非営利組織の取締役会」 »