« 国が行う国有林分収育林契約と説明義務違反(肯定) | トップページ | (当時の)内閣総理大臣の対応を批判した野党国会議員によるメールマガジンの記事と名誉毀損の不法行為(否定) »

2016年10月22日 (土)

「政府の集権排除」

政府に適用される「集権排除」は中央政府ではなく地方が課題の「実行」を担う「封建主義」の別の形ではない。それは、むしろ、パフォーマンス、オペレーション、執行の「実行」に、組織社会の非政府機関を用いる、組織的な方針である。

政府は①「これらの機関はいかに機能し、何ができるか?」と尋ねることからスタートすべきである。そして②「政治的・社会的目的が、これらの機関にとってパフォーマンスの機会となる形で、いかに考案され得るか?」と尋ねる。そして③「これらの機関の能力は、政治的目的達成のためのいかなる機会を政府に提供できるか?」と尋ねる。民営化は政府を弱めない。その主たる目的は病気で無力となった政府の強さとパフォーマンス能力を復活させることである。我々は政府が通ってきた道によっては、より遠くに行くことはできない。その方法で得られるのは、さらなる官僚化であって、さらなるパフォーマンスではない。

ソース:The Daily Drucker 23 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 国が行う国有林分収育林契約と説明義務違反(肯定) | トップページ | (当時の)内閣総理大臣の対応を批判した野党国会議員によるメールマガジンの記事と名誉毀損の不法行為(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「政府の集権排除」:

« 国が行う国有林分収育林契約と説明義務違反(肯定) | トップページ | (当時の)内閣総理大臣の対応を批判した野党国会議員によるメールマガジンの記事と名誉毀損の不法行為(否定) »