« 傷害致死被告事件の正当防衛事案(控訴審) | トップページ | 「意思決定」 »

2016年10月 1日 (土)

「判断の目的」

判断プロセスは判断が達成すべきものについて明確な仕様を求める。判断が達すべき目的な何か?科学において、これは「境界条件(boundary conditions)」として知られる。判断が有効であるには、その目的に対して適切である必要がある。より簡潔かつ明確に境界条件が示されれば、判断は有効なものとなり、その目的を達成する見込みが高くなる。逆に、境界条件の定義が不十分であれば、いかにすばらしく見えようが、ほぼ確実に、判断は無効となる。

「この問題を解決するのに必要な最低条件は何か?」が境界条件が通常立求められるフォームである。Alfred P. Sloan は、おそらく、彼が1922年に GMを指揮した時に、「部門のトップの自治権を奪うことで、我々のニーズは満たされ得るか?」と自問した。彼の答えは、否定であった。彼の問題の境界条件は、経常的ポジションのトップに権限と責任を求めた。これは中心と全体でのコントロールと同様に必要とされた。境界条件は個性の場よりも、構造の問題への解決を求めた。そして、これは、彼の解決を持続的なものとした。

意思決定によってあなたが満たそうとする目的と必要を明確にする。

ソース:The Daily Drucker 2 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 傷害致死被告事件の正当防衛事案(控訴審) | トップページ | 「意思決定」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「判断の目的」:

« 傷害致死被告事件の正当防衛事案(控訴審) | トップページ | 「意思決定」 »