« (当時の)内閣総理大臣の対応を批判した野党国会議員によるメールマガジンの記事と名誉毀損の不法行為(否定) | トップページ | 「国際分野での政府」 »

2016年10月23日 (日)

「強い政府」

我々はカールマルクスが約束した「国家の死滅」には直面しない。逆に、我々は、精力的で、強い、非常に活動的な政府を必要とする。しかし、我々は、①大きく無力な政府と、②自らを「決定」と「指示」に限定し「実行」を他に委ねるために、強い政府との選択に直面する。我々は、経済が放任される「レッセフェールへの回帰」には直面しない。全ての重要な分野で、この組織の多元社会(=機関がそれらが最もよく行うことができる(よう装備された)ことに用いられる組織的多様性)において新たな選択をもつ。

政府は、その政治的な目的を、自治的機関にとって魅力的なものにするために、いかに構築するかを理解する。そして、我々は、作曲家のフレンチホルン、ヴァイオリンやフルートのパフォーマンス特性を最高に引き出す「演奏できる」音楽を作曲する能力を賞賛するように、特定の課題を、多元社会の自律的で、自治的な、民間組織の特性に最も適するように構築する立法者を賞賛して良い。

ソース:The Daily Drucker 23 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« (当時の)内閣総理大臣の対応を批判した野党国会議員によるメールマガジンの記事と名誉毀損の不法行為(否定) | トップページ | 「国際分野での政府」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「強い政府」:

« (当時の)内閣総理大臣の対応を批判した野党国会議員によるメールマガジンの記事と名誉毀損の不法行為(否定) | トップページ | 「国際分野での政府」 »