« 「決定は必要か?」 | トップページ | 武富士の仕組債を運用対象金融資産とする信託取引と証券会社の説明義務違反(否定) »

2016年10月 8日 (土)

「問題を分類する」

最も一般的な誤りは、一般的な状況をユニークな出来事のように扱うことである。

エグゼクティブは4種類の問題に直面する:
1.組織の中でそして産業において一般的な出来事
2.組織にとってユニークであるが産業において一般的な出来事
3.真にユニークな出来事
4.ユニークに見えるが、新たな一般的な問題であるもの

真にユニークな出来事以外のすべては、一般的な解決を必要とする。一般的な問題は標準的なルールと実践により解決され得る。正しい原則が開発されれば、同じ一般的な出来事の発現はすべて、標準的な原則の適用により処理され得る。エグゼクティブがしなくてはならないのは、特定の問題の具体的な状況への原則の適合である。しかしながら、ユニークな出来事は、ユニークな解決を必要とし、個別に扱われなくてはならない。真にユニークな出来事はめったになく、組織が直面する事実上全ての問題は、すでに誰かが解決している。標準的なルールや原則を適用することで、ほとんどの種類の問題を解決することができる。

ソース:The Daily Drucker 9 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「決定は必要か?」 | トップページ | 武富士の仕組債を運用対象金融資産とする信託取引と証券会社の説明義務違反(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「問題を分類する」:

« 「決定は必要か?」 | トップページ | 武富士の仕組債を運用対象金融資産とする信託取引と証券会社の説明義務違反(否定) »