« 市立中学校の女子バレーボール部の顧問教師による暴行、暴言と教育懲戒権(違法) | トップページ | 「良い意図を結果に転換する」 »

2016年10月27日 (木)

「政治的機関としての会社」

事業での商品やサービスであれ、病院でのヘルスケアであれ、大学での学問や高度教育であれ、機関の主たる仕事のパフォーマンスについては、ルールは最適化である。そこでは、マネジャーは決定を、何が受け入れられるかではなく、何が正しいかに基づかなくてはならない。しかし、主たる仕事の狭い定義の外やそれを超えての関係者を扱う場合、マネジャーは(そうしないと拒否権を行使する関係者グループを懐柔し、鎮め、静かにさせるのに必要な最低限において)政治的に考えなくてはならない。マネジャーは政治家ではあり得ない。彼らは「小さな結果で良しとする」決断に自らを限定することはできない。しかし、彼らは、機関のパフォーマンスの中心的分野における最適化のみに関わることもできない。彼らは、継続的な意思決定過程において、双方のアプローチをバランスさせなくてはならない。企業は経済的な機関である。しかし、それはまた、政治的機関でもある。

マネジャーは有効に拒否権を持ち決定を妨げる関係者は何であり、彼らの最低限の期待とニーズが何であるべきかを考えなくてはいけない。

あなたの企業の関係者を挙げる。次に、いかに①顧客のニーズを最適化し、②他の関係者の各々の最低限の期待を満たそうとするかを挙げる。

ソース:The Daily Drucker 28 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 市立中学校の女子バレーボール部の顧問教師による暴行、暴言と教育懲戒権(違法) | トップページ | 「良い意図を結果に転換する」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「政治的機関としての会社」:

« 市立中学校の女子バレーボール部の顧問教師による暴行、暴言と教育懲戒権(違法) | トップページ | 「良い意図を結果に転換する」 »