« 拘置所長が死刑確定者である原告にテレビ視聴をさせなかった⇒国賠請求(否定) | トップページ | 遺産分割無効と不当利得返還請求の消滅時効の起算点 »

2016年10月10日 (月)

「問題定義:原則 」

有効な意思決定者はいかにして正しい問題を決める?
有効な意思決定者はたずねる:

・これは何についてのものか?
・何が関係するか?
・この状況の鍵は何か?

これらの質問は新しくはないが、問題を定義するにあたって決定的に重要である。正しい問題が取り組まれるよう、問題は全ての角度から考えられなくてはならない。問題が正しく定義されるようにする1つの方法は、観察できる事実に対してそれをチェックすることである。問題定義がすべての観察できる事実を説明し包含しなければ、定義は不完全であり、おそらく間違っている。しかし、問題が正しく定義されれば、決断自体は通常容易である。

ソース:The Daily Drucker 11 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 拘置所長が死刑確定者である原告にテレビ視聴をさせなかった⇒国賠請求(否定) | トップページ | 遺産分割無効と不当利得返還請求の消滅時効の起算点 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「問題定義:原則 」:

« 拘置所長が死刑確定者である原告にテレビ視聴をさせなかった⇒国賠請求(否定) | トップページ | 遺産分割無効と不当利得返還請求の消滅時効の起算点 »