« 「意思決定」 | トップページ | 「実行を決定に組み込む」 »

2016年10月 3日 (月)

「正しい妥協」

人は、常に、結局は妥協しなくてはならないのであるから、(誰が正しいかはももちろん)何が受け入れられるかよりも何が正しいかからスタートすべきである。しかし、人は仕様と境界条件を満たすために何が正しいかを知らなければ、正しい妥協と間違った妥協を区別することができず、間違った妥協に終わる。

2種類の妥協がある。1つは「半分(のパン)でもないよりまし」という古い諺に表される。もう1つは、ソロモンの裁きの物語に表れており、それは「半分の赤ん坊はいないよりまし」という認識に基づく。第1の例では、境界条件はなお満たされている。パンの目的は食べ物の提供であり、半分のパンは食べ物である。しかしながら、半分の赤ん坊は、境界条件を満たさない。半分の赤ん坊は、生きて育つ子供の半分ではなく、2片の遺体である。

ソース:The Daily Drucker 4 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「意思決定」 | トップページ | 「実行を決定に組み込む」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「正しい妥協」:

« 「意思決定」 | トップページ | 「実行を決定に組み込む」 »