« 「政治的機関としての会社」 | トップページ | 人身傷害保険金と車両保険金の酒気帯び免責(肯定) »

2016年10月28日 (金)

「良い意図を結果に転換する」

非営利機関は単にサービスを提供するだけではない。それはエンドユーザーをユーザーではなく行為者であることを求める。それは人を変えるのにサービスを使う。単なる供給者ではなく、受け手の一部になろうと試みる。

非営利組織は、マーケティングは必要ないと考えてきた。しかし、偉大な19世紀の詐欺師の有名な古い言葉がある。「ブルックリン橋を人にあげるよりも売る方が簡単。」ただで何かを提供すれば誰もあなたを信用しない。あなたは最も有益なサービスでさえマーケティングする必要がある。非営利部門でのマーケティングは販売とは全く異なる。それはあなたのサービスを受け手の視点から見ることである。あなたは何を売るのか、誰に売るのか、そしていつ売るのかを知らなくてはならない。

救世軍のミッションは市民を拒絶から救い出すことである。このサービスは受け手の視点からはどのように見えるか?救世軍はそのサービスをいかにマーケティングすべきか?

ソース:The Daily Drucker 29 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「政治的機関としての会社」 | トップページ | 人身傷害保険金と車両保険金の酒気帯び免責(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「良い意図を結果に転換する」:

« 「政治的機関としての会社」 | トップページ | 人身傷害保険金と車両保険金の酒気帯び免責(肯定) »