« 「社会における正当な力」 | トップページ | 「正当化される資本主義」 »

2016年10月16日 (日)

「社会の良心」

「経済人の終焉」(ドラッカーの本)は、教会は結局、ヨーロッパ社会とヨーロッパの政治のための基盤を提供しないという結論に達した。それは、現代人がそれらを無視するという理由によるものではないが、失敗する。宗教は、「個人の」絶望と存在の苦悩への答えを提供し得る。しかし、「大衆の」絶望への答えを提供しない。この結論は今日でも妥当する。人は、この世界を捨てる用意ができていない。人は、救済を期待するなら、現世の救済を求める。そして教会、特にキリスト教の教会は、「社会的福音」を、伝道できるしすべきである。しかし、それらは、政治を神の恵みにかえ、社会科学を贖罪に替えることはできないし、すべきでない。(あらゆる)社会の批判者である宗教は、神とともにある魂の国である真の神の国を捨てることなしに、いかなる社会も社会プログラムさえも、受け入れることはできない。そこに、社会の良心としての教会の強みと政治的/社会的力としての教会の弱みがある。

ソース:The Daily Drucker 17 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「社会における正当な力」 | トップページ | 「正当化される資本主義」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会の良心」:

« 「社会における正当な力」 | トップページ | 「正当化される資本主義」 »