« 「資本主義を超えて」 | トップページ | 「巨大国家(Megastate)」 »

2016年10月19日 (水)

「利益動機の有効性」

唯一の関連し意味ある質問は、利益動機は、権力への衝動が向けられる、利用可能な方向づけの中で社会的に最も有効なものかである。利用可能で知られているチャネルである利益動機は、最高でなくても、非常に高い社会的有効性を持つ。権力への欲望が表され得る他の知られている形態は、野心ある人に仲間への直接的な力と支配を与えることで、満足を与える。利益動機のみが、物への支配を通じて達成感を与える。

ソース:The Daily Drucker 20 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「資本主義を超えて」 | トップページ | 「巨大国家(Megastate)」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「利益動機の有効性」:

« 「資本主義を超えて」 | トップページ | 「巨大国家(Megastate)」 »