« 「意見の相違を作る」 | トップページ | 抗告訴訟の対象となる行政処分・支給対象事業主に該当することの確認と確認の利益 »

2016年10月 6日 (木)

「決定プロセスの要素」

良い意思決定者は、意思決定には独自のプロセスと明確に定義された要素とステップがあることを知る。全ての決定にはリスクがある。それは現在のリソースの不確実でわからない未来への投入である。しかし、プロセスが誠実に順守され、必要なステップがとられれば、リスクは最小となり決定はかなりの見込みで成功する。

良い意思決定者は
・決定がいつ必要かを知る

・意思決定のの最も重要な部分は、決定が正しい問題についてなされるようにすることであると知る
・いかに問題を定義するかを知る

・何が正しい決定かを考えるまで、何が受け入れ可能かについて考えもしない
・おそらく、結局は妥協しなくてはならないことを知る

・その実行と有効性が組み入れるまで、決定は行われていないことを知る

ソース:The Daily Drucker 7 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「意見の相違を作る」 | トップページ | 抗告訴訟の対象となる行政処分・支給対象事業主に該当することの確認と確認の利益 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「決定プロセスの要素」:

« 「意見の相違を作る」 | トップページ | 抗告訴訟の対象となる行政処分・支給対象事業主に該当することの確認と確認の利益 »