« 生活保護受給者に対する行政指導と生活保護停止処分の適法性(違法とされた事例) | トップページ | 「事業情報システム」 »

2016年10月31日 (月)

「組織的な機敏さ」

大きな組織は融通がきかない。大きな組織は、機敏さによるよりも、集団により、有効である。集団は、組織を、1人や小さいグループにおけるよりも、より多くの種類の知識とスキルを仕事に集めることを可能にする。しかし、集団は制約でもある。組織は、何をするにしても、1度に少数の課題のみに取り組むことができる。これは、よりよい組織や「有効なコミュニケーション」が治癒できるものではない。組織の法は集中である。

現代の組織は変われないといけない。実際、それは変化を起こすことができなくてはならず、それがイノベーションである。それは希少で高価な知識のリソースを生産性が低く結果がでない分野から達成と貢献の機会に移せなくてはならない。これは、リソースの浪費を止める能力を必要とする。

ソース:The Daily Drucker 1 November.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 生活保護受給者に対する行政指導と生活保護停止処分の適法性(違法とされた事例) | トップページ | 「事業情報システム」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「組織的な機敏さ」:

« 生活保護受給者に対する行政指導と生活保護停止処分の適法性(違法とされた事例) | トップページ | 「事業情報システム」 »