« 「正しい妥協」 | トップページ | 「意見の相違を作る」 »

2016年10月 4日 (火)

「実行を決定に組み込む」

決定は行動へのコミットメントである。正しいことが起こるまで、決定はない。そして行動しなくてはいけない人はほとんどの場合決定した人ではない。決定は、その実行が誰かの割当と責任となり、期限が定められない限り行われない。それまでは、単なる希望にすぎない。

決定は、必要な行動が(最初から)組入れらない限り、有効とならない。決定の行動への転換は、いくつかの質問への回答を必要とする。

・誰がこの決定を知らなくてはならないか?
・どのような行動がとられなくてはならないか?
・誰がそれをするか?
・しなくてはいけない人ができるには、その行動はどうであるべきか?

行動は実行しなくてはならない人々の能力に適したものでなくてはならない。決定を有効にするために、ふるまいや習慣や態度を変えなくてはならない場合、これは、特に重要である。

ソース:The Daily Drucker 5 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「正しい妥協」 | トップページ | 「意見の相違を作る」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「実行を決定に組み込む」:

« 「正しい妥協」 | トップページ | 「意見の相違を作る」 »