« 「巨大国家(Megastate)」 | トップページ | 拘置所の収容された被勾留者に対する国の安全配慮義務(否定) »

2016年10月21日 (金)

「政府の目的」

政府は貧弱なマネジャーである。それは、必然的に、手続きに関係し、大きくて厄介である。政府はまた、公的資金を扱い、全てのお金について説明しなくてはならないことを自覚する。それは、「官僚的」にならざるを得ない。政府が「法の政府」か「人の政府」かは議論の余地がある。しかし、全ての政府は、定義上「様式の政府」である。これは、必然的に、高コストを意味する。

政府の目的は、基本的な意思決定をすることであり、それらを有効にすることである。政府の目的は、社会の政治的エネルギーに集中することである。それは、問題を脚色することである。それは、基本的な選択肢を提示することである。政府の目的は、言い換えれば、統治することである。これは、我々が他の機関で学んだように、「実行」と両立しない。統治と「実行」を統合する試みは、意思決定能力を無効にする。事業は、より小さな規模で、政府が今日直面する問題である「統治」と「実行」の相互排除に、直面しなくてはならない。事業のマネジメントは、この2つは分けられなくてはならず、意思決定者であるトップの機関は「実行」から分離されなくてはならないことを学んだ。さもないと、彼は意思決定もしなければ「実行」もしない。事業では、これは「decentralization(分権化)」の名で呼ばれる。

ソース:The Daily Drucker 22 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「巨大国家(Megastate)」 | トップページ | 拘置所の収容された被勾留者に対する国の安全配慮義務(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「政府の目的」:

« 「巨大国家(Megastate)」 | トップページ | 拘置所の収容された被勾留者に対する国の安全配慮義務(否定) »