« 「利益動機の有効性」 | トップページ | 「政府の目的」 »

2016年10月20日 (木)

「巨大国家(Megastate)」

帝国と全体主義国家の世紀には国民国家は唯一の政治的実体でであったが、過去100年間で、大いに変容した。それは、メガステート(巨大国家)に変異した。国民国家からメガステートへのシフトは19世紀の最後の10年に始まった。メガステートへの最初の小さなステップは、ドイツの首相であったビスマルクの1880年代の福祉国家の発明であった。第二次世界大戦直後のもう1つの主要な社会的プログラムである、英国の国民健康保険制度は、(全体主義国家外で)政府を保険者や提供者の役割を超えさせた最初のものであった。国民健康保険制度の下での病院と病院での治療は政府に引き受けられた。病院で働く人々は政府の被用者となり、政府は実際に病院を経営する。

政府が全ての社会問題や社会的課題のための適当なエージェントであることは、1960年までに、全ての先進西洋諸国で受け入られた政策となった。そして、これは1990年代まで続いた。

ソース:The Daily Drucker 21 October.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「利益動機の有効性」 | トップページ | 「政府の目的」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「巨大国家(Megastate)」:

« 「利益動機の有効性」 | トップページ | 「政府の目的」 »