« 「パフォーマンスを定義する」 | トップページ | 「自分をマネジメントする:強みを明らかにする」 »

2016年9月10日 (土)

「効果を出す結果」

「私は何を貢献すべきか」を決めるために1つの質問が尋ねられなくてはならない。「どこで、そしていかにして、私は、効果のある結果出すことができるか」。この質問への答えは多くの事柄をバランスしなければならない。結果は達成が困難なものであるべきである。しかしそれらは手が届くものであるべきである。達成できない(あるいは最もありえない環境でのみ達成できる)結果を目指すことは、「野心的」ではなくばかげたことである。同時に、結果は有意義なものであり、効果があるべきである。そして、それらは目に見え、できれば、測定できるものである。

「私は何を貢献すべきか」についての判断は3つの要素をバランスする。
①「状況は何を求めるか」という質問。
②「私は、自分の強み、実行方法、価値をもって、いかなるニーズに対して、いかにして、最大の貢献ができるか」という質問。
③「効果を出すにはいかなる結果が達成されなくてはならないか」という質問。

これは、何をすべきか、どこから始めるべきか、いかに始めるか、いかなる目的と期限を設定すべきか、という行動決定をを導く。

ソース:The Daily Drucker 11 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「パフォーマンスを定義する」 | トップページ | 「自分をマネジメントする:強みを明らかにする」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「効果を出す結果」:

« 「パフォーマンスを定義する」 | トップページ | 「自分をマネジメントする:強みを明らかにする」 »