« 「自分自身をマネジメントする:第2の人生」 | トップページ | 準備書面の直送のための支出と民訴費用等に関する法律2条2号の類推(否定) »

2016年9月17日 (土)

「自分自身をマネジメントする:社会における変革」

自分自身のマネジメントは人事における変革である。それは個人、特に知識労働者に、先例のないものを求める。それは知識労働者に、最高経営責任者として考え行動することを求める。知識労働者の考えと行動に、これまで当然のことと思ってきた思考方法と行動方法からの180度の変化を求める。

(仕事か上司によって)言われたことをする肉体労働者から自分自身を管理する知識労働者へのシフトは、社会構造に挑戦する。既存の社会においては、2つのことを当然のこととする。①組織は労働者より長く続き、②ほとんどの人々は組織にとどまる。
自分自身のマネジメントは全く逆の現実に基づく。米国では移動性は受け入れられるが、従業員が組織より長生きし、第2の別の人生への準備が必要であることは、誰も準備ができていない変革である。既存の組織も、例えば、既存の退職システムも準備ができていない。

第2のキャリアを考え始める。非営利組織でのボランティアを含め、関心ある仕事の分野を列挙する。

ソース:The Daily Drucker 18 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「自分自身をマネジメントする:第2の人生」 | トップページ | 準備書面の直送のための支出と民訴費用等に関する法律2条2号の類推(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分自身をマネジメントする:社会における変革」:

« 「自分自身をマネジメントする:第2の人生」 | トップページ | 準備書面の直送のための支出と民訴費用等に関する法律2条2号の類推(否定) »