« 信用金庫の従業員らによる理事長らのメールファイルへの無断で多数回アクセスと懲戒解雇(有効) | トップページ | 全国弁護士協同組合連合会理事長名義の保証書をもって保証金に代えることの許可 »

2016年9月 6日 (火)

「いかに人を開発するか」

どの組織も人を開発する。それは、彼らの成長を助けることもあれば、妨げることもある。人の開発について我々はほんの少ししか知らない。
我々は、すべきでないことを知っており、それはすべきことをあげるより簡単である。

①人々の弱みに基づかないこと。人は態度と行動を発展させ、スキルと知識を学ぶことを期待できる。しかし、人の性格は、我々が望む方法ではなく、あるがまま使わなくてはならない。

②人の開発について狭い、近視眼的な見方をしない。人は特定の仕事のための特定のスキルを身につけなくてはならない。しかし、開発はそれ以上のものである。それはキャリアのためであり人生のためでもある。特定の仕事はこの長期の目的に調和しないといけない。

③皇太子を作らないこと。常に、見込みではなく、パフォーマンスを見る。潜在性ではなくパフォーマンスにフォーカスすることで、エグゼクティブは高度な要求をすることができる。人は常に、基準を緩めることができるが、それを上げることはできない。

④エグゼクティブは人々の強みを配置することを学ばなくてはならない。

人の開発において、教訓は強みにフォーカスすることである。そして真に厳しい要求をし、時間と労をかけて(それはハードワークである)パフォーマンスを調べる。人々と席に着き「これはあなたと私が1年前にコミットしたことである。いかにして行ったか?なにをうまくやったか?」と言う。

ソース:The Daily Drucker 7 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 信用金庫の従業員らによる理事長らのメールファイルへの無断で多数回アクセスと懲戒解雇(有効) | トップページ | 全国弁護士協同組合連合会理事長名義の保証書をもって保証金に代えることの許可 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いかに人を開発するか」:

« 信用金庫の従業員らによる理事長らのメールファイルへの無断で多数回アクセスと懲戒解雇(有効) | トップページ | 全国弁護士協同組合連合会理事長名義の保証書をもって保証金に代えることの許可 »