« 「効果を出す結果」 | トップページ | 冠婚葬祭互助契約における解除時の手数料差引条項と消費者契約法9条1号の違法(否定) »

2016年9月11日 (日)

「自分をマネジメントする:強みを明らかにする」

フィードバック分析により、自分の強みを明らかにすることを学ぶことができる。それは、あなたの①主要な決断と行動の全てを②それらが成し遂げると期待する結果と一緒に書き留める、単純なプロセスである。9か月から12か月後に、実際の結果を期待と比べて確認する。2,3年行うと、あなたは、これらの決断と行動を追跡することで(そこでは、実際の結果が期待に届かなかったり(期待を)上回ったりする)自分の強みを知る。フィードバック分析を通じて自分の強みを明らかにすれば、あなたはこの知識を、パフォーマンスと結果の改善に使うことができる。あなたはこれを5つの方法でできる。

①強みに集中する。
②強みの改善に取り組む。新たな知識を学び、古い知識を最新のものにする必要があるかもしれない。
③無能にする習慣を認識する。最悪の最も一般的なものは、傲慢である。しばしば、貧弱なパフォーマンスは自分の狭い専門性の外の知識を求めようとしないことから生じる。
④悪い習慣と悪い態度を治す。しばしば、先送りのような悪い習慣や悪い態度は、協力とチームワークを不可能にする。
⑤あなたがすべきでないことを理解する。

ソース:The Daily Drucker 12 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「効果を出す結果」 | トップページ | 冠婚葬祭互助契約における解除時の手数料差引条項と消費者契約法9条1号の違法(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分をマネジメントする:強みを明らかにする」:

« 「効果を出す結果」 | トップページ | 冠婚葬祭互助契約における解除時の手数料差引条項と消費者契約法9条1号の違法(否定) »