« フランチャイズ契約終了後同契約に基づく営業禁止を求めることが信義則違反にあたるとされた事例 | トップページ | 飼犬の鳴き声を理由とする損害賠償請求(肯定) »

2016年9月28日 (水)

「専門による誤った指示」

古い物語は何をしているのかを尋ねられた3人の石工について語る。1人目は「生計を立てている」と答えた。2人目は「国で最高の石工の仕事をしている」と言いながら作業を続けた。3人目は、先を見通すように目を輝かせて顔を上げ「私は教会を建てている」と言った。3人目の男は、もちろん、真のマネジャーである。
1人目の男は、彼が仕事から得たいものを知り、それを行う。彼は「その日の支払のためにその日の仕事をする」が、マネジャーではなく、決してマネジャーにはならない。問題は2人目の男である。技量は重要である。メンバーに、彼らが得られる最高の技量を求めない組織は、堕落する。しかし、真の熟練工、真の専門家は、実際は、ただ石を磨きあるいは脚注を集めているのに、何かを成し遂げていると信じる危険がある。事業体において技量は促進されなくてはならない。しかし、それは常に、全体のニーズと関連付けられなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 29 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« フランチャイズ契約終了後同契約に基づく営業禁止を求めることが信義則違反にあたるとされた事例 | トップページ | 飼犬の鳴き声を理由とする損害賠償請求(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「専門による誤った指示」:

« フランチャイズ契約終了後同契約に基づく営業禁止を求めることが信義則違反にあたるとされた事例 | トップページ | 飼犬の鳴き声を理由とする損害賠償請求(肯定) »