« 妻の暴力を理由とする慰謝料請求事件(地裁)の離婚及び損害賠償請求事件が係属する家庭裁判所への移送申立(却下) | トップページ | 市長の発言が名誉毀損による不法行為とされた事例 »

2016年9月12日 (月)

「自分自身をマネジメントする:いかに実行するか?」

異なる人々が異なる強みと弱みを持つように、人々は異なる方法で働き実行する。例えば、読むことで学ぶ人もいれば、聞くことで学ぶ人もいる。そして、読む人のほとんどは聞く人としてはうまくいかず、逆も真である。学習方法は人の仕事の方法を形成する多くの要因の1つである。他にも答えられるべき質問がある。他人と協力する時に最高に働くか、1人で働く時に結果を出すか?他人と共に最高に働けるなら、それは通常、部下としてか、同僚としてか、上司としてか?あなたは予想できる、整えられた仕事環境が必要か?プレッシャーの下で成長するか?

あなたはまた、自分の個人的な価値を考えなくてはならない。それらはあなたの強みに類似し、少なくとも両立できるか?価値と強みの間に衝突があれば、常に価値を選ぶ。あなたの価値に反するパフォーマンスは崩壊し、それは結局、あなたの強みを奪い破壊する。これらは、答えられなくてはならない質問の一部である。大切なのは、あなた独自の仕事の方式を理解することである、

仕事の方式を考える。価値を考える。強みを、価値を破壊するポジションに使わない。価値と両立できるポジションを見つける。

ソース:The Daily Drucker 13 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 妻の暴力を理由とする慰謝料請求事件(地裁)の離婚及び損害賠償請求事件が係属する家庭裁判所への移送申立(却下) | トップページ | 市長の発言が名誉毀損による不法行為とされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分自身をマネジメントする:いかに実行するか?」:

« 妻の暴力を理由とする慰謝料請求事件(地裁)の離婚及び損害賠償請求事件が係属する家庭裁判所への移送申立(却下) | トップページ | 市長の発言が名誉毀損による不法行為とされた事例 »