« 全国弁護士協同組合連合会理事長名義の保証書をもって保証金に代えることの許可 | トップページ | 政務活動費を公益社団法人の運営に充当⇒不当利得返還請求を求める住民訴訟(肯定) »

2016年9月 7日 (水)

「有効なエグゼクティブとしての知識労働者」

個人の強みを生産的にするエグゼクティブは組織のパフォーマンスと個人の達成を両立する。

有効性に向けたエグゼクティブの自己開発は、①組織のパフォーマンスへの社会のニーズと、②達成とやりがいに対する個人のニーズの双方を満足させる唯一の可能な答えである。それは、組織の目標と個人のニーズが和解する唯一の方法である。個人の強みを生産的にするエグゼクティブは組織のパフォーマンスと個人の達成を両立させる。彼らはその知識分野を組織の機会とする。そして、貢献にフォーカスすることで、自分自身の価値を組織の結果とする。

知識労働者は経済的報酬も要求する。それらの不存在は抑制となる。しかしそれらの存在は十分ではない。彼らは機会を必要とする。彼らは達成を必要とする。彼らはやりがいを必要とする。彼らは価値を必要とする。自らを有効なエグゼクティブにすることによってのみ、知識労働者はこれらの満足を得る。エグゼクティブの有効性みが、社会をして①個人から必要な貢献を得ると言う組織のニーズと②組織を彼らの目的達成のための道具として奉仕させるという個人のニーズというその2つのニーズを調和させることができる。

ソース:The Daily Drucker 8 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 全国弁護士協同組合連合会理事長名義の保証書をもって保証金に代えることの許可 | トップページ | 政務活動費を公益社団法人の運営に充当⇒不当利得返還請求を求める住民訴訟(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「有効なエグゼクティブとしての知識労働者」:

« 全国弁護士協同組合連合会理事長名義の保証書をもって保証金に代えることの許可 | トップページ | 政務活動費を公益社団法人の運営に充当⇒不当利得返還請求を求める住民訴訟(肯定) »