« 交通事故で死亡した者の相続人と保険会社の示談が意思無能力により無効とされた事例 | トップページ | 「効果を出す結果」 »

2016年9月 9日 (金)

「パフォーマンスを定義する」

組織の健康の第1の条件はパフォーマンスについての高い要求である。マネジメントが目標によるべきであり、それが任務の客観的要請に集中することを求める主たる理由の1つは、マネジャーに自分自身のために高いパフォーマンス基準を設定させる必要である。
これは、パフォーマンスが適正に理解されることを求める。パフォーマンスは全弾を牡牛の目に命中させることではない。パフォーマンスは、むしろ、長期間、様々な割当てにおいて、結果を生み出す堅実な能力である。パフォーマンス記録は誤りを含まなくてはならない。それは失敗を含まなくてはならない。それは、人の強みとともに、その限界を明らかにしなくてはならない。

信用できないのは誤りをせず、へまをせず、試みることを失敗しない人である。彼は、いんちきか、安全で、証明済みの、取るに足らないものとともにあるかである。人は、より優れていれば、より多く誤る。なぜなら、より多くの新しいことを試みるからである。

ソース:The Daily Drucker 10 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 交通事故で死亡した者の相続人と保険会社の示談が意思無能力により無効とされた事例 | トップページ | 「効果を出す結果」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パフォーマンスを定義する」:

« 交通事故で死亡した者の相続人と保険会社の示談が意思無能力により無効とされた事例 | トップページ | 「効果を出す結果」 »