« 元助役に対する求償金等請求訴訟提起が違法でないとされた事例 | トップページ | 「裁判の公正を妨げるべき事情」があるとして、裁判官の忌避に理由があるとされた事例 »

2016年9月13日 (火)

「自分自身をマネジメントする:何を貢献するか?」

自分の強みと仕事のスタイルを見つけると、正しい機会を探し始めることができる。これは(あなたが)①強みを利用でき、②仕事のスタイルに合致し、③個人的な価値システムに適合する仕事である。これはまた、④あなたが正しい貢献をすることを助ける仕事である。しかし、まず、あなたの貢献が何であるべきかを決めなくてはいけない。

正しい貢献を理解することは、あなたが知識から行動に移ることを助ける。自分が何を貢献すべきだと考えるか?言い換えれば、あなたの組織の中でいかにして効果を出すことができるか?これらの質問に答えることは、数少ない正しい機会を求めて、機会を分析することを助ける。かかる機会が現れる時、それらがあなたとその仕事のスタイルに合うのであれば、それらを受け入れるのがベストである。それは、あなたが特定の状況が必要とするもの、あなたの最大の貢献可能性、そして達成されなくてはならない結果を考え抜くことを求める。
成功するキャリアは幸運や計画の産物ではない。自らの強み、仕事のスタイルと価値に合致する機会をつかむことができる人々によりつくられる。

ソース:The Daily Drucker 14 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 元助役に対する求償金等請求訴訟提起が違法でないとされた事例 | トップページ | 「裁判の公正を妨げるべき事情」があるとして、裁判官の忌避に理由があるとされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分自身をマネジメントする:何を貢献するか?」:

« 元助役に対する求償金等請求訴訟提起が違法でないとされた事例 | トップページ | 「裁判の公正を妨げるべき事情」があるとして、裁判官の忌避に理由があるとされた事例 »