« 絵画の売買契約にかかる消費者契約法4条1項に基づく取消しの主張(否定) | トップページ | 「有効なエグゼクティブの実践」 »

2016年9月 2日 (金)

「時間を統合する」

タイムマネジメントの最後のステップは、記録と分析によれば普通に利用できエグゼクティブの管理下にある時間を統合することである。有効であるために、エグゼクティブはかなり大きな塊の時間を持つ必要がある。特に、人々との作業に費やされる時間についてそうであり、それはエグゼクティブの仕事の中で中心的なものである。計画、指示そして部下のパフォーマンスを15分で議論できると考えるマネジャーは思い違いをしている。

時間を統合する方法は多くある。ある人は週の何日かを家で作業する。他のエグゼクティブは経常的な仕事(会議、検討、問題セッション等)を週の2日に割当て、他の日の朝を重要な問題の一貫した継続的作業にあてる。しかし、裁量的時間を統合する方法はそのアプローチより重要ではない。有効なエグゼクティブは、どれだけの裁量的時間を現実に自分のものと呼べるかを見積もることから始める。そして、後で、他のことが取っておいた時間を侵食する場合、記録を再び精査し、より多くの時間要請をより非生産的活動からはずす。

ソース:The Daily Drucker 3 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 絵画の売買契約にかかる消費者契約法4条1項に基づく取消しの主張(否定) | トップページ | 「有効なエグゼクティブの実践」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「時間を統合する」:

« 絵画の売買契約にかかる消費者契約法4条1項に基づく取消しの主張(否定) | トップページ | 「有効なエグゼクティブの実践」 »