« 仕組債の販売と証券会社の説明義務違反(肯定) | トップページ | 銀座のクラブママの契約の労働契約性(否定) »

2016年9月21日 (水)

「規定年齢を過ぎたエグゼクティブ」

雇用主は、管理職と専門職にある60歳以上の人のため方針を整えるべきである。基本的ルール、そして明確に規定され厳格に実施されるべきは、 60代前半を超える人々は主要な管理的責任を解かれるべきということである。判断が数年後に問題を引き起こす時に、その人が会社の救済を助ける場にいないのであれば、判断に加わらないということは、エグゼクティブだけではなく、全ての人にとって賢明なルールである。高齢のエグゼクティブは「上司」であるより、自分で行う仕事に移るべきである。「マネジャー」として働くのではなく、アドバイス、指導 、基準の設定、争いの解決といった1つの主要な貢献に特化して集中する。日本人は「顧問」を持ち、彼らは、しばしば80歳代まで、有効に働く。

ソース:The Daily Drucker 22 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 仕組債の販売と証券会社の説明義務違反(肯定) | トップページ | 銀座のクラブママの契約の労働契約性(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「規定年齢を過ぎたエグゼクティブ」:

« 仕組債の販売と証券会社の説明義務違反(肯定) | トップページ | 銀座のクラブママの契約の労働契約性(否定) »