« 「Controls は客観的でも中立的でもない」 | トップページ | 「測定できない出来事の controls」 »

2016年9月24日 (土)

「Controls は結果にフォーカスすべきである。」

全ての社会的組織は社会、経済および個人に貢献するために存在する。そして、結果は外部(=経済、社会、そして顧客)にのみ存在する。利益を生み出すのは顧客だけである。事業内の全てはコストのみを生み出し「コストセンター」でしかない。しかし、結果は、企業家的である。我々は、外部について、信頼できるものはもちろんのこと、適当な情報を持たない。

結果の領域である外部は内部よりもはるかにアクセスできない。大組織のエグゼクティブの中心的な問題は外部からの孤立である。そのため、今日の組織が必要とするのは、外部に対する感覚器官である。現代の controls が貢献のためにあるとすれば、それはとりわけ、ここにある。

環境についての重要な情報を収集する組織的な方法を開発する。その情報は、顧客満足、非顧客の購入習慣、技術開発、競争相手および政府の関連施策の知識を含むべきである。

ソース:The Daily Drucker 25 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「Controls は客観的でも中立的でもない」 | トップページ | 「測定できない出来事の controls」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Controls は結果にフォーカスすべきである。」:

« 「Controls は客観的でも中立的でもない」 | トップページ | 「測定できない出来事の controls」 »