« 「Controls は結果にフォーカスすべきである。」 | トップページ | 宅建業法30条2項本文の公告がされなかった時の営業保証金の取戻請求権の消滅時効の起算点 »

2016年9月25日 (日)

「測定できない出来事の controls」

他の機関と同じく、事業は測定できない重要な結果をもつ。経験あるエグゼクティブは、有能な人々を惹きつけることも確保することもできないため、絶滅に向かう会社や産業を知る。経験あるエグゼクティブが知ることであるが、これは、会社や産業について、昨年の利益申告より重要な事実である。しかし、その説明は、「定量化」はもちろんのこと、明確に定義され得ない。それは「実体のない」ものではなく「実体のある」ものである。それはただ、測定できない。そして、測定できる結果は10年間現れない。

測定可能なものと測定不能なものの間のバランスは、マネジメントの中心的かつ継続的な問題であり、真の判断分野である。測定不能の説明に関する仮説を説明しない測定は、誤った指示を与える。しかしながら、真に測定可能な分野を定量化できるほど、それらを全面的に強調する誘惑にかられる。したがって、よりよくコントロールされているように見えるものが、よりコントロールされていない危険が高まる。

あなたの組織の目標達成に重要な測定不能と測定可能な変数を挙げる。測定できる変数の量的な評価と重要な質的変数のための質的な評価を開発する。

ソース:The Daily Drucker 26 September.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「Controls は結果にフォーカスすべきである。」 | トップページ | 宅建業法30条2項本文の公告がされなかった時の営業保証金の取戻請求権の消滅時効の起算点 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「測定できない出来事の controls」:

« 「Controls は結果にフォーカスすべきである。」 | トップページ | 宅建業法30条2項本文の公告がされなかった時の営業保証金の取戻請求権の消滅時効の起算点 »