« 千葉県議会議員の定数及び選挙区等に関する条例の議員定数配分規定の適法性(適法・合憲) | トップページ | 市立小学校施設の目的外使用許可申請の不許可(違法but国賠法上の違法・過失は否定) »

2016年8月 7日 (日)

「社会的イノベーション:壁のないラボ」

Steinmetz のイノベーションはまた「壁のないラボ」に至り、それは、大きな科学的・技術的プログラムへの米国の大きな貢献である。これらの最初は、小児麻痺のため政府機関(小児麻痺救済募金運動)であり、1930年代の初めに、ポリオに取り組んだ。このプロジェクトは、25年を超えて続き、6つの学問分野から多くの科学者を計画された段階的な活動にまとめ、それぞれは、全国の12の場所で、中央の戦略と総合的な指揮の下、自分自身のプロジェクトに従事した。これは、第二次世界大戦プロジェクト(レーダーラボ、リンカーン研究室、そして最も大規模なのは、原子力のためのマンハッタンプロジェクト)の原型を作った。米国が、スプートニクの後に、月に人を送ると決めた時、NASAは、同様に、「壁のないリサーチラボ」を組織した。

Steinmetzの技術に駆り立てられる科学はなお、高度に論議の的となる。それはなお、例えば1984年から85年にかけてエイズが重要な医療上の問題となった時のように、新たな科学的問題が現れるときはいつでも、我々が直ちに求める組織である。

ソース:The Daily Drucker 8 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 千葉県議会議員の定数及び選挙区等に関する条例の議員定数配分規定の適法性(適法・合憲) | トップページ | 市立小学校施設の目的外使用許可申請の不許可(違法but国賠法上の違法・過失は否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会的イノベーション:壁のないラボ」:

« 千葉県議会議員の定数及び選挙区等に関する条例の議員定数配分規定の適法性(適法・合憲) | トップページ | 市立小学校施設の目的外使用許可申請の不許可(違法but国賠法上の違法・過失は否定) »