« 「新たなベンチャーのマネジメントチーム」 | トップページ | 「脆弱性に機会を見つける」 »

2016年8月13日 (土)

「実現されていない事業ポテンシャル」

幸運やチャンスや大変動は、人の努力と同様に、事業に影響する。しかし、幸運は事業を作らない。繁栄と成長は、体系的にそのポテンシャルを見つけて開発する事業にのみ訪れる。どれだけうまく、現在の挑戦と機会に向けて組織化しても、それはなお、最適なパフォーマンスよりもはるかに低い。ポテンシャルは、常に、実際に実現されたものより大きい。

危険と弱みは事業のポテンシャルを探す場所を示唆する。それらを、問題から機会に転換することは、特別のリターンをもたらす。機会は、会社の経験とその過去の成功と失敗が反映されなくてはならない。しばしば、この変換に必要なものは、経営者の態度の変化である。

3つの質問は事業の隠れたポテンシャルを明らかにする。
①事業を脆弱にする制約と限界は何か?
②事業の不均衡は何か?
③我々は何を恐れ、事業への脅威として何を見、いかにそれが機会として利用できるか?

ソース:The Daily Drucker 14 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「新たなベンチャーのマネジメントチーム」 | トップページ | 「脆弱性に機会を見つける」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「実現されていない事業ポテンシャル」:

« 「新たなベンチャーのマネジメントチーム」 | トップページ | 「脆弱性に機会を見つける」 »