« 前回レート参照方式を用いて交換レートを決定する通貨スワップ取引と、公序良俗違反、適合性原則違反、説明義務違反(いずれも否定) | トップページ | 会社の元取締役が解任後、会社の内部文書を占有するとし、会社の所有権に基づく内部文書の引渡請求が認容された事例。 »

2016年8月 2日 (火)

「成長」

マネジメントは会社が必要とする最低の成長を考える必要がある。生存するためではなくても、それなくしては会社が強さ、活気及び実行する力を失う最低の成長は何か?会社は生存可能な市場的地位を必要とする。そうでないと、限界的な存在となる。国内であれ世界であれ、市場が拡大すれば、会社は、その生存力を維持するため、市場とともに成長しなくてはならない。そのため、しばしば、会社は非常に高い最低成長率を必要とする。

事業は間違った成長と正しい成長を、筋肉と脂肪と癌を区別する必要がある。ルールは単純である。
①短期間の間に、会社のリソースの全体的生産性を増大させる成長は健全な成長である。それは、栄養を与えられ、サポートされるべきである。②量のみ増え、かなり短期間の間に、より高い全体的な生産性を導かないものは肥満である。より高い全体的な生産性を導かない量の増加は、再び汗を流して絞られるべきである。③生産性の低減を導く量の増加は、速やかに、根本的な手術によって除去されなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 3 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 前回レート参照方式を用いて交換レートを決定する通貨スワップ取引と、公序良俗違反、適合性原則違反、説明義務違反(いずれも否定) | トップページ | 会社の元取締役が解任後、会社の内部文書を占有するとし、会社の所有権に基づく内部文書の引渡請求が認容された事例。 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「成長」:

« 前回レート参照方式を用いて交換レートを決定する通貨スワップ取引と、公序良俗違反、適合性原則違反、説明義務違反(いずれも否定) | トップページ | 会社の元取締役が解任後、会社の内部文書を占有するとし、会社の所有権に基づく内部文書の引渡請求が認容された事例。 »