« 労働者が自らの精神的健康に関する一定の情報を使用者に申告しなかったことを理由とする過失相殺(否定) | トップページ | NHKと集金業務等に従事する者との間の委託契約の労働契約性(否定) »

2016年8月20日 (土)

「生態学的ニッチ:料金所戦略」

4つ目の主要な企業戦略である、生態学的ニッチの独占は、革新者に小さなニッチ市場で、実質上の独占を確立させる。最初のニッチ戦略は料金所戦略である。料金所戦略の下では、イノベーターはより大きなプロセスでの不可欠の部分である製品やサービスを創造する。製品を使用するコストは結局は関係なくなる。ニッチを最初に占める者は誰でも効果的に他の参入を阻止することができるくらい、市場は限定的でなくてはならない。

ここに例がある。1950年代の終わりに大きな製薬会社のセールスマンが始めた会社の Alcon である。彼は、眼の老齢白内障の手術に大きな不適合があることを知っていた。手術では、医師が筋肉繊維を切らなくてはならず、それは眼を破壊する軽微な出血リスクを伴うという、危険な手続きがあった。イノベーターはこの筋肉について調べ、すぐに、出血や切断なしに、酵素がそれを解決することを見つけた。しかし、この酵素の分解を阻止し、貯蔵寿命をもたらす方法がなかった。イノベーターは1890年以来、酵素に安定と貯蔵寿命をもたらす多くの物質が開発されたことを見つけた。彼は酵素についてのこれらの物質の1つについて特許申請し、18カ月以内に、その素材の世界市場を得た。

内部プロセスでの不適合を活用し、料金所戦略を利用する。

ソース:The Daily Drucker 21 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 労働者が自らの精神的健康に関する一定の情報を使用者に申告しなかったことを理由とする過失相殺(否定) | トップページ | NHKと集金業務等に従事する者との間の委託契約の労働契約性(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生態学的ニッチ:料金所戦略」:

« 労働者が自らの精神的健康に関する一定の情報を使用者に申告しなかったことを理由とする過失相殺(否定) | トップページ | NHKと集金業務等に従事する者との間の委託契約の労働契約性(否定) »