« 投資信託の販売委託者及び販売委託を受けた金融機関の説明義務違反等(否定) | トップページ | 登記と詐害行為判断の基準時 »

2016年8月18日 (木)

「企業家的柔道」

日本の柔道の達人は、相手の自慢と喜びである強みを探す。彼は、相手は戦いで戦略をその強みに置くと想定する。そして、特定の強みへの信頼が相手を脆弱で無防備にすることを理解する。そして、相手の強みを、その致命的弱点に転換し、相手を倒す。

事業は、柔道家のように、行動する。企業家的柔道は市場リーダーがその強みと思うものを、それを打ち負かす弱みに転換する。例えば、日本人は、米国市場で、次々とリーダーになった。まずコピーで、そして工作機械で、消費電子機器で、自動車で、そしてファクスマシーンで。戦略は常に同じであった。彼らは米国人がその強みと思っていたものを弱みに転換し、米国企業を打ち負かした。米国人は高い収益性をその最大の強みと見た。そして、高級市場にフォーカスし、大衆市場を、供給不足やサービス不足とした。日本人は、最低限の機能の低価格製品で参入した。米国人は、彼らと戦おうとすらしなかった。しかし、日本人が大衆市場を獲得した時、彼らは高給市場に参入するためのキャッシュフローを獲得した。そして、彼らはすぐに、大衆市場と高級市場の双方を支配した。

競争相手の強さを認識し、彼らが無視した市場に機会を探す。

ソース:The Daily Drucker 19 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 投資信託の販売委託者及び販売委託を受けた金融機関の説明義務違反等(否定) | トップページ | 登記と詐害行為判断の基準時 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「企業家的柔道」:

« 投資信託の販売委託者及び販売委託を受けた金融機関の説明義務違反等(否定) | トップページ | 登記と詐害行為判断の基準時 »