« 「成功は常に新たな現実を作り出す」 | トップページ | 自殺した中学生のいじめに関するアンケートの情報公開条例に基づく情報開示 »

2016年8月28日 (日)

「機会に集中する組織」

組織は引力を持ち、重さは絶えず問題に集中するよう作用し、人はいつもそれと格闘しなくてはいけない。私が呼ぶ「成功の開発」が得意な組織は多くない。

今日の世界最大の消費エレクトロニクス・エンターテイメント会社であるソニーを見る。ソニーが行ってきたことは、基本的に、テープレコーダーを発展させ、その成功を築いてきたことである。しかし、それを組織に組入れ、全ての人にそれを求めるなら、あなたは問題集中ではなく機会集中の受容性を創造する。そして、とりわけ、喜びを作り出す。実行する組織はしていることを楽しむ。私はいつも、どのような組織を顧客として受け入れるべきかをいかに知るかを尋ねられる。ドアを通れば、2分で、彼らがそれを楽しんでいるかがわかる。彼らが楽しんでいなければ、私は彼らのために働きたくない。しかし、彼らがそれが好きで、明日がよりよくなると感じているなら、それは全く異なる環境を作り出す。

ソース:The Daily Drucker 29 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「成功は常に新たな現実を作り出す」 | トップページ | 自殺した中学生のいじめに関するアンケートの情報公開条例に基づく情報開示 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「機会に集中する組織」:

« 「成功は常に新たな現実を作り出す」 | トップページ | 自殺した中学生のいじめに関するアンケートの情報公開条例に基づく情報開示 »