« 株式取得により他社を買収した会社の取締役及び監査役の善管注意義務違反(否定) | トップページ | 「社会的イノベーション:研究実験室」 »

2016年8月 5日 (金)

「視野の狭いイノベーション」

新たなベンチャーが成功する時、多くの場合、当初意図されたのとは違う市場で、予定されていなかった製品やサービスで、考えもしなかった顧客により購入され、最初に設計された以外の目的で製品が使われる。

新たなベンチャーは、したがって、製品やサービスがデザインされた時に誰も考えなかった市場で顧客を見つけるかもしれず、その時に誰も考えなかった用途で用いられ、 新たなベンチャーが予定しなかった分野の、知られてすらいなかった顧客により、購入されるかもしれないという想定でスタートする必要がある。新たなベンチャーが極めて早い段階から、マーケットフォーカスでなければ、競争相手のために市場を作るだけになりがちである。

ソース:The Daily Drucker 6 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 株式取得により他社を買収した会社の取締役及び監査役の善管注意義務違反(否定) | トップページ | 「社会的イノベーション:研究実験室」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「視野の狭いイノベーション」:

« 株式取得により他社を買収した会社の取締役及び監査役の善管注意義務違反(否定) | トップページ | 「社会的イノベーション:研究実験室」 »