« 「新たなベンチャーをマネジメントする」 | トップページ | 株式取得により他社を買収した会社の取締役及び監査役の善管注意義務違反(否定) »

2016年8月 4日 (木)

「計画された陳腐化」

革新する組織は昨日を守るために時間もリソースも費やさない。昨日の組織的な廃棄のみがリソース、特に最も少ないリソースである有能な人々を自由にし、新しいもののための仕事に向けさせる。

自分の製品、プロセス又はサービスを陳腐化させる者であることは、競争相手がそれをすることを避ける唯一の方法である。これをずっと理解し受け入れた米国の主要企業の1つがデュポンである。1938年にナイロンが現れた時、デュポンは直ちに化学者にナイロンと競争する新たな合成繊維の開発に取り組ませた。デュポンはまた、ナイロンの価格を下げ、その特許を回避しようとする潜在的競争者にとって魅力的でなくした。これが、デュポンがなお、世界を先導する合成繊維メーカーであり、デュポンのナイロンがなお市場にあり収益性がある理由である。

ソース:The Daily Drucker 5 August.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「新たなベンチャーをマネジメントする」 | トップページ | 株式取得により他社を買収した会社の取締役及び監査役の善管注意義務違反(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「計画された陳腐化」:

« 「新たなベンチャーをマネジメントする」 | トップページ | 株式取得により他社を買収した会社の取締役及び監査役の善管注意義務違反(否定) »